夢多夢とは

ABOUT多夢多夢とは

多夢多夢(tamutamu・タムタム)の活動目的

多夢多夢(tamutamu・タムタム)の活動目的

私たちは差別のない、共生社会の実現を目的として活動しています。

tamutamuはスワヒリ語で「おいしいおいしい」とか「楽しい楽しい」という意味です。

楽しい楽しいという意味を持つタムタムという言葉に、夢が多いという漢字を当てて、「多夢多夢」としました。

たくさんの夢を創り、描き、行動し、そして楽しみながら活動していける場を目指しています。

縄文の世界や先住民の世界は遊びと仕事がイコールだと言われています。

それに対して現代は競争とスピード、勝ち組といわれる勝利した人たちが称賛される世界となっています。

マザーテレサは「最も貧しい人たちを救うことが私たちの仕事です。そして現代社会の競争とスピードに倒れた人を抱きかかえることがもう一つの役目です」と言っています。

縄文の共同社会、その遊びと楽しさうれしさを縄文の人たちの心に学び、障害者も社会の一員として活躍することができ、老人が尊重され、またその役割を担い、子供が生き生きとした目を輝かせられる社会を理想としています。

その実現のために、夢を創り、実行し、楽しみ、遊び、それを生きがいとする活動をしていきます。


多夢多夢の概要

団体名 一般社団法人多夢多夢
代表者 代表理事 渡部 利一
設立 2013年4月1日
所在地 〒277-0827 千葉県柏市松葉町6-8-1
tel 04-7136-0505

多夢多夢の沿革

平成21年9月27日 任意団体 障がい者サポート「ゆめしずく」設立総会開催
平成21年10月1日 小規模福祉作業所ポコアポコ開所
平成21年11月27日 任意団体 障がい者サポート「ゆめしずく」臨時総会開催
NPO法人化することを決定し、名称を「特定非営利活動法人ゆめしずく」とする。
平成22年3月3日 特定非営利活動法人ゆめしずくの認可が下りる。
平成22年4月1日 特定非営利活動法人「ゆめしずく」スタート。
ケアーマネジメント開設
平成22年6月6日 デイサービス開始
平成23年4月1日 福祉作業所ポコアポコが地域活動支援センターポコアポコとなる。
平成24年12月25日 書面による臨時総会において、特定非営利活動法人ゆめしずくから地域活動支援センターポコアポコが分離することが決定された。
平成25年2月17日 一般社団法人多夢多夢設立総会が開催され、法人設立が決定。
平成25年2月27日 一般社団法人多夢多夢登記
pagetop