ムの家

group homeグループホーム「タムの家・タムの家Ⅱ」

住宅地の普通の一般住宅を借りた家庭的なホームです。

『まちの中でふつうに暮らしたい』という障がいのある人の思いから作られました。家族以外の人といっしょに住むところで、お互い気持ちよく過ごすための決まりもあるけれど、一人ひとりが自分の思いや気持ちを出しながら、自分の生活をつくっていきます。
暮らしている人それぞれの苦手なことを支援し、困っていることの相談にのり、安心して暮らす支援をしています。
タムの家、タムの家Ⅱでは、男女4名づつそれぞれのホームで暮らしています。
グループホームの体験ができるよう、一部屋用意しています。


食事の提供、金銭管理、健康管理、その他日常生活に必要な事項をその人のニーズに応じて支援します。
そのため、世話人が夜を含めて常駐しています。
費用は家賃、食費、日常生活雑費等で障害基礎年金2級の65,000円位で生活できるようにしています。
休日は自室の掃除をし、天気の良い日は布団を干し、へルパーさんと出掛けたり、世話人さんと食事作りをしたり、散歩や買い物に出かけます。

pagetop